かち歩き大会とは

かち歩き大会の目的

  • 1

    健康と体力の向上

  • 2

    心身の鍛錬

  • 3

    疲労の体験

  • 4

    自己への挑戦

かち歩き大会とは

“かち”とは“勝”と“徒”を意味し、長い距離を飢えや渇きに打ち克って歩く自己鍛錬を「かち歩き」と呼んでいます。 自分の可能性に挑戦し、心身を鍛えて、ストレスや災害等のあらゆる困難も乗り越えてゆく生きる力と自信をつけることが目標です。

東京都で始まった大会の趣旨に賛同し、福岡のライオンズクラブが青少年育成を目的に毎年3月の第一日曜日に開催しています。福岡の「かち歩き大会」のコースは舞鶴公園をスタートし、長垂海浜公園で折り返して舞鶴公園まで31kmを歩きます。

長い距離を飲まない・食べない(各個人の体調に合わせる事)で「自己鍛錬」を学ぶ場です。決して、順位や時間を競う大会ではありません。

かち歩き大会の仕組み

  • 1

    飲まない・食べない・走らない(※1)の3原則の下に完歩を目指します。(各個人の体調に合わせる事)

  • 2

    5㎞地点(愛宕大橋入口付近)までは、準備運動を兼ねて受付番号順(500人単位)に班をつくり、毎班に団体歩行(※2)をします。

  • 3

    5km地点以降は、各自のペースで歩き第1チェックポイント(長垂海浜公園)第2チェックポイント(愛宕大橋入口)で参加カードに通過印を押してもらい、制限時間の午後4時までにゴールを目指して下さい。

  • 4

    ゴールで参加カードに完歩時間を打刻してもらい、完歩証明書の発行を受け付けます。また、ゴールでは軽食と飲み物を用意しています。

※1)横並びは3列までで歩行して下さい。
※2)安全の為、追い越し禁止です。

その他注意事項

・参加者は、万全な健康管理のもと参加して下さい。主催者は保険以外の責は負いません。

・コース上には常に大会車両が巡回しています。体調の優れない方などは、無理をせず大会車両または近くのスタッフに申し出て下さい。

・途中で棄権をする場合は、ゼッケンをはずしてその場でお帰り頂くことも可能です。なお、ゼッケンは各自お持ち帰り下さい。

・トイレは特設の指示のある場所を除き、沿道のガソリンスタンド、公共施設のご協力によりお借りして下さい。くれぐれもマナーに気をつけて使用して下さい。